競馬ときどき野球とつぶやきを

一口馬主を含んだ競馬の話を中心に、巨人ファン視点の野球の話とちょっとした呟きを綴ります。自己満足的なブログです。

スポンサーリンク

一連の野球賭博事件について

やはり3人だけでは終わりませんでした。

読売ジャイアンツ選手の野球賭博問題です。

最初に名前の挙がった福田・笠原・松本竜が永久失格処分を受けて、一連の騒動に一応の終止符が打たれたかと思っていました。

ところが完全に膿は出すことが出来ませんでした。

今回、高木京介が新たに野球賭博に関与していたことが判明しました。

残念であると同時に恐らく前記3投手と同じく永久失格処分を受けることになるでしょう。

ですが、なぜ今の時期に罪を告白したのかが気になっています。

 

野球賭博事件の発覚から約5か月間、高木は怯えながら日々を過ごしていたと伝えられています。

「いつかバレるのではないか」

そのような思いが強かった気がします。

まあ、当然法に違反する行為をしていますから、自業自得ではありますし、弁解の余地もありません。

 

今となれば、笠原らが関与を認めた時に高木自身も告白すれば良かったのでしょう。

いわゆる後出しとなれば、心証が悪くなるのも当然です。

さらには、他にも関与している選手がいるのではないかと疑念を持ってしまうのも当たり前の話です。

 

渡辺恒雄最高顧問やオーナーが引責辞任して済む問題ではありません。

最悪、公式戦の参加見合わせも検討しなくてはいけない気もします。

極論ではありますし、野球ファンとしてジャイアンツファンとして避けなければいけない結論ではありますが、真剣に議論するべき重大な事項ではないでしょうか。

 

プロ野球のイメージが低下するのは間違いありませんし、正直情けない出来事です。

この分だとオリンピックの正式競技復活という希望も絶たれてしまうでしょう。

というか、オリンピック云々を議論するべき状況ではないという気もしています。

 

徹底的に調査を行って、根本的な所からメスを入れていかないと本当の意味で解決するのは難しいかもしれませんね。

 

5人目、6人目の関与者が出てくるのか。

しばらくは気になる事件ではあります。