読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬ときどき野球とつぶやきを

一口馬主を含んだ競馬の話を中心に、巨人ファン視点の野球の話とちょっとした呟きを綴ります。自己満足的なブログです。

スポンサーリンク

巨人と日本ハムのトレード

大田泰示選手と公文克彦投手が交換トレードで日本ハムへ移ることになりました。

「未完の大器」などと言われた大田選手ですが、このまま巨人にいてもその資質が開花する可能性が少なかったかもしれません。

巨人首脳陣の育て方に問題があったとの声も耳にしますが、本人の努力も足りなかったかもしれません。

パリーグへ行けばDHもありますし、なにより元巨人のチームメートもたくさんいる日本ハムですから、すぐにチームに溶け込むのではないでしょうか。

 

公文投手も記憶が正しければ二軍の試合でノーヒットノーランを達成しています。

期待していたサウスポーでしたから、個人的には残念です。

ただ、田口、今村両投手が成長してきましたから放出されるのも仕方がなかったかもしれません。

 

大田も公文も新天地で活躍することを願っています。

ちなみに今回のトレード相手、吉川投手の入団で巨人に吉川姓の選手が3人になりました。

吉川大幾・ドラフトで指名された吉川尚輝・そして前日本ハムの吉川光夫。

ややこしや(笑)

 

 

 

 

ところで、ここまでは当たり前の話を書きました。

ここからは私の本音を。

巨人と日本ハムのトレード、多いですね。

記憶に新しい所では矢野謙次選手らと矢貫投手などとのトレードですが、これ巨人サイドから見ると明らかに失敗したとしか思えません。

その証拠に矢貫、戦力外になりました。

一方、矢野はまだまだ代打の切り札として存在感を示しています。

なぜ、このようなトレードを行ったのでしょうか。

当然思惑があったからだと思いますが、果たしてメリットがあったのか疑問に感じます。

 

矢野!!戻ってきてくれ!!

 

これが私の切実な思いです。

まあ、そんなことを言っても矢野が巨人に戻ってくることはないのですが…。

(脇谷選手のように出戻りがあるのかなあ)

あとは市川捕手も巨人出身。

彼は日本シリーズでも貴重な送りバントを決めました。

戦力になっていますね。

まあ、彼は日本ハムに移ったことは大成功といえるでしょう。

なんといっても阿部慎之助という大きな壁がありましたからね。

これからも期待しています。