読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬ときどき野球とつぶやきを

一口馬主を含んだ競馬の話を中心に、巨人ファン視点の野球の話とちょっとした呟きを綴ります。自己満足的なブログです。

スポンサーリンク

仏の顔に二度目はない!

人間たる生き物、必ず何らかのミスを犯すものなのです。

今日私、職場で痛恨のミスを引き起こしてしまいました。

で、即座に上司に謝罪を入れました。

「申し訳ございませんでした」

心を込めて伝えました。

何とか上司の許しも得て、私の心は穏やかになりました。

ミスをしないように明日からまた頑張ろう・・・という気持ちになりました。

 

あらまあ、ここまで読み返してみるとまるで小学生の作文みたいな書き方になっていることに気が付いてしまいました。

文章が幼稚というのか、言葉を知らないというのか。

文章力を磨かなくてはいけません。

 

話が脱線してしまいました。

人間という生き物はミスを犯す生き物。

ミスをしない人間がいれば見てみたいものです。

だからこそ、謝り方には注意をしなくてはいけないものです。

出来る限り誠意を持ってお詫びをする、これが大事です。

土下座をしろ、と言っている訳ではありません。

もちろん取り返しのつかない失敗を犯してしまったなら床に頭をつけてひたすらに謝るしかないでしょう。

普通に謝罪する、でも意外と難しい気がします。

やっぱり相手に「これだけ謝っているのだから、今回は許してあげよう」と思わせないといけません。

その結果、次につながる訳です。

その失敗した原因を丁寧に分析して反省して、同じ過ちを繰り返さないこと。

次を生かすも殺すも結局は自分自身にあるという気がしています。

仏の顔も三度まで。

その言葉がありますが、近代社会では仏の顏は三度もないかもしれません。

一度は許してもらえても、二度目の失敗で大事な仕事を失うということが有りえる社会なのです。

 

なので、私の教訓。

 

仏の顔に二度目はない!

 

学習能力を鍛えて、同じ間違いを繰り返さないように自分を戒めようと思っています。

あしたから、頑張ろう。

今日よりもステップアップして頑張ろう。

でも、あまり頑張りすぎるのも失敗につながるかもしれないから、無理しない程度で頑張っていきましょ。

なんという締めなんでしょう(笑)