競馬ときどき野球とつぶやきを

一口馬主を含んだ競馬の話を中心に、巨人ファン視点の野球の話とちょっとした呟きを綴ります。自己満足的なブログです。

スポンサーリンク

ありがとう!ロードランウェイ

私の初めての出資馬、ロードランウェイ(牡3歳)が引退するとロードHCより発表がありました。

正直、今はショックの気持ちが大きく、素直に「お疲れ様」とは口に出せない現状です。

まだ3歳、まだまだ活躍が見込まれるのに・・・。

本当に強い衝撃を受けています。

 

直接の引退の理由、それは屈腱炎を発症したからです。

公式ホームページの情報によると、右前脚に熱感を持ちエコー検査を実施したところ、競走馬にとっては不治の病といわれる診断が下された、とのことです。

全治9か月以上、さらにリハビリなどの期間を含めるとレース復帰まで1年近くはかかってしまうでしょう。

 

私にとって、ロードランウェイは繰り返しになりますが、初めて一口馬主として出資した思い出深い馬でした。

2月の阪神で初勝利を挙げてくれて、とても嬉しかったことを覚えています。

そして、それが私にとっても初めての勝利へと結びつきました。

 

生涯勝利数はわずかに1勝のみ。

ですが、果敢に神戸新聞杯へ格上挑戦したのも印象に残っています。

得意の阪神コースで3着以内に入ってくれて菊花賞への切符を掴んでくれると親バカながら夢を見ていました。

まあ、夢は夢で終わってしまいましたが…。

 

結局その神戸新聞杯がロードランウェイにとっては最後のレースになってしまいました。

ランウェイとは英語で花道。

重賞で幕を引いたのは、まさに花道だったのかもしれません。

 

「お疲れ様」と言ってあげましょう。

ランウェイも屈腱炎になりたくてなった訳ではありませんから。

そして、最後に「ありがとう!ロードランウェイ」とも添えて花道を去っていきます。