読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬ときどき野球とつぶやきを

一口馬主を含んだ競馬の話を中心に、巨人ファン視点の野球の話とちょっとした呟きを綴ります。自己満足的なブログです。

スポンサーリンク

Twitterのfollow時に挨拶要る?要らない?

Twitterも楽しんでいるドルチェです。

さて、私は最近Twitterのアカウントを再取得しました。

なぜアカウントを再取得したのか理由は省略しますが、このことで新たな人間関係の構築を始めなければなりませんでした。

つまり、1からfollowの作業を始めたのです。

そこでふと考えました。

旧アカウント時代からfollowしている方には、事情を話すだけで理解してもらえたのですが、問題はこれからfollowsする方への対応の仕方です。

今までかかわりがなかった訳ですから、全くの新規アカウントという状況になります。

(執筆していて意味が通いているのか不安になってきています)

 

要するにfollowを無言でするのが良いのか、一言挨拶をするのが良いのかという点に悩みを生じたのです。

黙ってfollowすると相手に気付かれないし、逆に挨拶をするとフォロワーになって下さい、と催促しているみたいでどうすればよいのか悩んでしまいました。

その際、このサイトを見つけました。

hitoribotti.hateblo.jp

結論としては、挨拶はしてもしなくても良いみたいです。

ただ、挨拶をしてくれた方が嬉しい気持ちになると結んでいます。

挨拶されて嫌な気分になる人っていませんからね。

で、その挨拶の仕方も普通に

「初めまして」

だけではなくて、その人をなぜfollowしたくなったのか理由も付け加えた方が効果的だと教えてくれました。

会社に入社する時の履歴書を書く感覚ですかね。

なぜその人に魅力を感じたのか、ここは結構重要な所かもしれません。

 

私はこの記事が参考になりました。

これから誰かをfollowする時は勇気を持って、挨拶+αを実践していきたいなあ、と思っています。