一口馬主って素敵ですね♪

ロード・広尾・ライオン所属馬を出資非出資問わず応援します☆彡予想も少しやりますよ

シュンイがデビュー

ショッキングなニュースが飛び込んできました。

 

キャッツアイがレース中に故障をしたかもしれないと公式サイトに掲載されているからです。

右前脚に違和感を覚えたと騎乗した武豊騎手が話をしています。

気になりますし、現時点では詳細も何も分かりません。

本当に軽症を願うばかりです。

新しい情報が入り次第お伝えしていこうと思います。

 

 

明日はライオンから期待の新馬がデビューします。

矢作厩舎のシュンイ

ロードカナロア産駒の牝馬です。

母系にメジロの血が流れていますし、2000メートルでデビューとなりました。

この馬にも出資しようと考えていたのですが、予算の都合で見送りを余儀なくされました。

評価としてはかなり走ると矢作先生が仰っています。

なので、新馬勝ちの期待も高まります。

まずは無事に走ってくれてその中で結果も求めて欲しい所です。

 

中京7Rはロードシャムロック

3歳未勝利でしたが惜しいレースが続きました。

その分現役を続行、格上挑戦で初勝利を目指す道を選択しました。

今回も上位の食い込みはありそうです。

勝つためにもう一歩何かを掴まないといけない気がします。

 

続く中京8Rにロードセッションが出走。

前走の芝は度外視しても良いでしょう。

ダートに戻しての一戦になります。

強いメンバーも揃っていますが、団野騎手を背中にどんなレースをするのか楽しみに待ちたいと思います。

 

一口をしていると勝って欲しいと願うのは当然ですが、無事に怪我や病気をすることなく過ごせるかが何よりも大事です。

キャッツアイの身に何もなければ良いのですが、新しい情報を待ちましょう。

キャッツアイとハナズレジェンド~ケフェウスSの馬券のサインも!?

今週は3日間開催です。

私の出資馬も明日の土曜と月曜日に走ります。

好走して欲しいところですが、どうなることでしょう。

 

中京のメインレースはケフェウスSです。

聞きなれない言葉です。

で、本題に入る前にケフェウスとは何ぞやということで調べてみました。

 

ちょうど今の秋に北の空を眺めると浮かんでくる星座だそうです。

そんなに明るくはないようですが、五角形が特徴です。

ということは5枠が馬券に絡むかもしれませんね。

 

で、5枠の出走馬に目をやると・・・。

 

サトノクロニクル

ハナズレジェンド

 

の名前があります。

 

えっ、ハナズレジェンドって広尾のレジェンドではありませんか。

これサインが来ている気がしますね。

 

しかもこの5枠両馬はハーツクライ産駒です。

枠連5-5か馬連で9番と10番の組み合わせに1票投じる手も面白いかもしれません。

 

 

ハナズレジェンドに関しては同じ週にあるダートのレースにも一応登録はしていました。

騎乗経験のある各ジョッキーが

「ダートも悪くないのでは」

と口を揃えています。

 

両睨みでしたが結局今回は走り慣れた芝でのレース。

矢作調教師の判断を信じてみましょう。

枠もちょうど真ん中ですし、良い所ではないでしょうか。

 

広尾では出資馬キャッツアイが登場します。

今回は再び武豊騎手に手が戻っってきました。

 

明日のレースもネルソンタッチがハナを切りそうというか「逃げ宣言」しているようですし、番手から進めそうな気がします。

道中揉まれないように外目を走ってくるでしょう。

4コーナーの手前あたりで逃げ馬を交わしてそのまま押し切ってくれると理想的。

後続に脚を使わせる競馬をしてキャッツアイ自身は自分のリズムで走れば勝利も近くなるはず。

 

出資馬を武豊騎手が乗るのは4回目でしょうか。

まだ勝てていないのでそろそろ勝ちたい所です。

 

その他、中山4Rのロードエクレールも勝機がありそうです。

ダークホース的存在なのが中京最終レースのライオン所属、ワタシノワルツ

人気はないかもしれませんが休み明け2走目で、距離を短縮して挑みます。

調教は抜群の動きを見せたとのことなので、穴を開ける可能性があるはず。

単複を少し買ってみようと思っています。

 

さて、冒頭に書きましたケフェウス座について詳しくはこちらのサイトをご覧ください。

この記事もこのサイトを参考にさせていただきました。

 

seiza.imagestyle.biz

 

 

もしハナズレジェンドが勝利を収めることがあれば

ケフェウスSはハナズレジェンドが勝った記念すべきレースということで広尾会員の方に長く記憶されること間違いなさそうです。

 

キャッツアイの話を書こうとしましたがまさかハナズレジェンドに関する話が長くなるとは想像していませんでした。

 

 

今週は2頭の出走!!

私の出資馬の動向ですが、今週は悲しいことがありました。

 

 

ロードマドリードが骨折。

そして、競走能力の診断が下されました。

 

5歳秋という状況を鑑みて最悪の結果になることは予想していましたが、まさか競走能力を失うということになろうとは言葉が出ません。

今は骨折を治して静養に努めて欲しい所です。

3年以上の現役生活、お疲れさまでした。

 

さて気を取り直して今週の出走馬。

今週は2頭。

 

いずれも中京になりますが、土曜日に広尾のキャッツアイ。

月曜日の祝日はロードのロードフェイロンが4走目を迎えます。

 

キャッツアイは当初目指していた日曜日の牝馬限定戦を除外になりそうということで、土曜日のレースに回りました。

今回の鞍上は武豊騎手になります。

キャッツアイに騎乗するのは2回目。

惜しくも2着だったので、今回はリベンジなるかという興味があります。

 

武豊騎手が空いていたのもラッキーですよね。

私の出資馬に騎乗してくれるのも今回で延べ4回目。

未だ勝てていないので、このあたりで出資馬に武豊が乗って初勝利!!というのを実現させたいものです。

 

ロードフェイロンは4走目。

初めてダートに挑戦します。

元々調教では動いていますから、今回のダートに転じての戦いで大きな変わり身に期待したい所です。

 

それになぜかロードは近年ダートに強くなっていますから。

この流れは大切にしなければなりません。

 

手綱を取る松山弘平騎手も好調ですし、ひょっとするとひょっとするかもしれません。

 

今週出走すればしばらく予定がなさそう。

10月17日の府中牝馬Sに予定しているオールフォーラヴまで出走がない事態になるかもしれません。

2歳の未出走組が出る可能性がありそうですが寂しい限りです。

 

まあ、冒頭に記したようにロードマドリードの引退は辛いものがあります。

で、このタイミングでロードの2019年産募集馬が発表されました。

たくさん勝てる馬を見つけていきます。

2世代未勝利なのでここを脱却しないとロードの出資馬が無くなる心配があります。

そうならないために相馬眼を磨かなければなりません。

 

この記事を書き終えたら覗きにいきます!