一口愛馬に夢のせて♪

ロード・広尾・ライオン所属馬を出資非出資問わず応援していくブログです☆彡

ロード明日も固め勝ちなるか!?

今日の土曜日の競馬でもいろいろな出来事がありました。

このブログを執筆している中の人がロードホースクラブの会員であることから

 

ロード1日3勝!!

 

というのをトピックにしたいぐらいです。

 

なかなか1日3勝をあげるのは難しいことです。

この勢いを明日のレースにも持続してもらいたい気持ちでいっぱいです。

 

勝ち負けに持ち込めそうなのが阪神1Rのロードサージュ。

阪神7Rのロードエクスプレス。

中山10Rのロードラズライト

それに新潟メインの福島民報杯のロードマイウェイ。

 

充分にチャンスはあるでしょう。

 

アンタレスSに出走するロードゴラッソロードブレスの2頭も上位に食い込める力があります。

ゴラッソは阪神で重賞を勝っていますから実績面においても他馬と比較しても見劣りはしないはずです。

ブレスも格下に調教で遅れてしまったのは懸念材料ですが、時計的には問題ないので力は出せる仕上がりと見てよさそうです。

 

ロード祭りが明日も続くのか楽しみにしたいと思います。

 

でも、出資馬が出ていない分、本当の意味では祭りに乗り遅れている感があるのは否めません。

来週のヴェルトハイムで祭りに参加したい、と本気で思っています。

 

明日は広尾からドゥオーモ先輩が登場します。

ロードマイウェイが出走する福島民報杯に出陣。

新潟コースに変わってしまったのは残念でした。

高速馬場になってしまうと出番はないかもしれないと思ったから。

 

ただ、明日は雨の予報が発表されています。

どんどん雨が降って欲しい気持ちですが、振り続けてしまうとドゥオーモ自身にも影響が出てしまうかもしれません。

適度に水分を含んだ、若干力の要る芝コースになると楽しみが広がってきそうです。

 

と書いたところで、この福島民報杯にはパンサラッサも出走登録をしていたのを思い出しました。

このパンサラッサこそ台風で大荒れだった未勝利戦を鮮やかに勝利していましたから、出して欲しかった気持ちが強く残っています。

1頭回避馬が出れば出走ができていただけに残念です。

雨に打たれながら疾走するパンサラッサを見たかったのですが、仕方がありません。

 

さて明日は皐月賞が行われます。

混戦ムードが漂っています。

タラレバを言うのは本来いけないことですが、一言言わせて欲しいと思います。

 

カイザーノヴァが骨折をしなかったら・・・

 

そう、2勝をあげているカイザーノヴァは例年なら皐月賞に駒を進めるはずの賞金を獲得しています。

これが実現していたら初めて牡馬でクラシック競走に出ているはずでした。

 

無念しか言葉が出てきません。

それでもカイザーノヴァは現役続行しますから、焦らずに復帰を待ちたいと思います。

 

明日も皆様の愛馬の総理と無事を祈ります!!

オジュウチョウサンVSメイショウダッサイ

皐月賞の前日は恒例の中山グランドジャンプが行われます。

個人的ですがJ-G1のファンファーレが結構気に入っています。

三枝成彰氏の作曲です。

 

G1になるとファンファーレに「オイオイ」などの謎の掛け声や手拍子が発生します。

盛り上げるために行われているものと思われますが、度を越してしまうと迷惑が掛かります。

特に生き物である馬を相手にしている訳ですから、競走結果に多大な影響を与える恐れもあります。

従いまして、障害専用のファンファーレを作る段階になり、

「オイオイ厨」

の排除を目的とした、と記憶の中にあります。

 

実際は排除目的ではなく、競走馬にフェアな条件で騒音を引き起こす可能性のある行動を制約する為のものかもしれません。

そこで障害のG1ファンファーレはあえてリズムを取りにくくしているものと解釈しています。

1年に2回しか流れない障害G1ファンファーレ、今回もカメラワークと併せて堪能しようと思います。

 

その後はレースを楽しまなければなりません。

オジュウチョウサンが復活を果たすのか。

新王者メイショウダッサイが障害のスターに浮上するか。

見所満載です。

全頭の無事完走を願います。

 

千種川特別ではロードベイリーフが連勝を目指します。

強敵サンキューユウガとの顔合わせになりますが、ここを突破すれば先が楽しみになります。

阪神では1-2-1-2と相性が良いので何とかサンキューユウガの牙城を崩したいところです。

ゴラッソとブレスが揃ってアンタレスSに

今週の愛馬の出走はありません。

先週に予告していた通りとなっています。

 

会員クラブの動向を見ていきます。

ロードは大挙11頭の出走となりました。

この頃はロード軍団が順調にレースに出ていますから出馬ラッシュになるのは当然のことだと思います。

 

とりわけアンタレスSに2頭出走するというのも嬉しい話です。

重賞の2頭出しですから、ロード勢が8分の1の確率で勝つことが決まりました。

1着同着の可能性もないことはないですよね。

もしその結末になればお祭り騒ぎどころでは済まないかもしれません(笑)

 

ロードゴラッソロードブレス

2頭とも実績は充分積み重ねてきました。

それでもさらに花を咲かせたいところではあります。

 

どちらも調教の動きは良好。

期待できそうな仕上がりとなっています。

 

ゴラッソと岩田康誠騎手との新コンビも手が合いそうな印象を受けますし、ブレスのルメール騎手の進言によってチークピーシスを装着するというのも悪い話ではありません。

 

新潟で行われる福島民報杯に出走するロードマイウェイ

重賞ウイナーですからリステッド競走なら上位に入ってもおかしくありません。

こちらも良い状態に仕上がっています。

 

同じく福島民報杯にエントリーしているのが広尾のドゥオーモ

新潟に舞台が変わってしまったのは残念です。

ただ当日は雨予報になるとのこと。

高速馬場にならなければチャンスはあるはず。

復活の上位進出を希望します。

 

パンサラッサもこのレースに登録をしていましたが無念の除外に。

雨予報で間違いなく浮上すると思っていただけに心残りです。

マイラーズカップに目標を切り替えます。

 

今週も天気との戦いになりそうですが、皆様がお持ちの馬の勝利と無事を願って今日の記事を締めくくります。