一口馬主って素敵ですね♪

ロード・広尾・ライオン所属馬を出資非出資問わず応援します☆彡予想も少しやりますよ

先週のライオンの結果

出資しているセラスチュームが本日入厩しました。

小倉開催を目指していくことになりそうですが、デビュー戦は果敢にハナを奪いました。

直線が短く、平坦コースですから小倉はいかにも向きそう。

何とかこの小倉開催で勝ち上がって欲しい所です。

 

そのセラスチュームが所属しているチームライオン。

先週は5頭が出走しましたが、残念ながら勝利には届きませんでした。

 

土曜日の中山で初めてのレースに挑んだミレッシモは5着。

勝ち馬からは0.8秒差でしたが、上位4頭とは離れてしまいました。

スタートも若干出遅れてしまい後方からのレースになります。

それでも追い上げを見せ、何とか次走の優先出走権を得ることができました。

最低限の目標はクリアしましたので、あとはスタートをもう一段階上手くなれば未勝利は勝てると思います。

 

ただ想定していた以上に体重が減っていたということで、続戦ありきではなくまずは馬体の回復など状態を優先に調整していくと調教師はコメントしています。

スタートに関しても特に練習はしないとのことです。

 

日曜日の小倉に参戦したフィールドネージュ

現在堂々のリーディングトップの松山騎手を配しての必勝態勢だったはず。

ところが4着に終わってしまいました。

権利を取れた、というレベルではなくて正直複勝圏内には突入して欲しかったのが本当の所です。

2ヶ月ぶりの実戦だったことと外枠を引いたことで、終始外を回る競馬になってしまったのが敗因のようです。

内枠を引いていれば、と松山騎手が話しています。

ということはチャンスがあればもう一度松山騎手でリベンジして欲しい気がします。

 

状態を確認してからになりますが、小倉ダート1000メートルの条件を次も狙ってくる感じですね。

1勝クラスは卒業できる力を備えていますので、次に期待しましょう。

 

骨折明けの9ヶ月ぶりのレースとなったグランスピード

結果は7着となってしまいました。

ゲート内で落ち着きを欠いてしまいスタートで後手を踏みます。

それに加えて+18㌔というのも響いてしまいました。

ただ骨折した尾骨には違和感を覚えなかったということで、馬体が絞れてくればスピードが生きてくるのではないでしょうか。

 

力負けではないと西村調教師が話されていることから、明確な敗因も分かっています。

ひとまず栗東へ戻って次のプランを練っていく予定になります。

 

その他のスターインザスカイは13着、初陣だったケヴィンズクロスは11着と共に二桁着順となってしまいました。

変わり身を待ちたいところです。

 

ライオン馬の今年初勝利はどの馬になるのか。

私が出資している馬になれば最高ですが、でもそうなると初勝利がかなり遅くなってしまいます。

というのもライオンに関しては全て外厩の状況。

冒頭に述べたように今日セラスチュームが帰ってきた段階ですからね。

出資馬がレースに出るのは早くても来月の半ばぐらいでしょうか。

そういうことで、どの馬でも良いのでとにかく早いこと1つ勝ちましょう!

水の流れのようなリズムでロードシュトローム2勝目!

ある意味競馬の歴史を塗り替えたといえる名馬クロフネが旅立ちました。

現役時代は芝ダートでG1を勝利しました。

種牡馬としてもスリープレスナイトホエールキャプチャ、最近では白毛一族の馬やソダシなどを輩出しました。

残念ながら出資馬にクロフネ産駒がいなかったのですが、どこかでクロフネの血が流れている馬に一口購入できれば・・・と思っています。

お疲れさまでした。

 

さて、昨日のレースでロードシュトロームが圧勝し、2勝目を挙げました。

スタートをうまく出てそのままハナに立ちます。

この展開は松山騎手も清水久嗣調教師も思い描いていたものとなります。

向こう正面で1番人気の馬が捲ってきましたが、ジョッキーが冷静に対応したのも勝因に結びつきました。

流石は牝馬三冠ジョッキーですよね。

直線を向いても脚色は衰えず2着に5馬身差をつけました。

 

まあ、捲っていった1番人気の馬が自滅したのも結果的には助かったと思います。

もちろんシュトロームも力があるから逃げ切れた訳で、この形を極めれば上のクラスでも充分戦えるでしょう。

 

昨日はまさに馬名の通り「水の流れ」のようなリズムあるレースぶりでした。

ちなみにこの「水の流れ」とはドイツ語になります。

 

出資されている方、関係者の皆様おめでとうございました!!

 

 

その他では日曜日の中山10レースを取り上げます。

ロードラズライトは3着になりました。

正確に言えば3着同着なのですが、際どく追い込んでくれました。

道中脚を溜めることもできたのは収穫だと思います。

先行したり昨日のように追い込んだり様々な展開に対応できるのはラズライトの強みかもしれません。

適度に間隔を開けた方が良いタイプなので、育成場に移ることになりますが次走も楽しみになりそうです。

 

2頭出しのもう1頭、ロードエースは15着。

前々で運ぶロードエースの競馬はできました。

ただここは骨折明けで9ヶ月ぶりの実戦ということで最後はばててしまいます。

叩いて次は上積みがあるでしょうから、一変を期待したいと思います。

 

あとはシベール

出資しているロードフェイロンの半姉になります。

結果は8着でしたが、直線で詰まるという残念なものになってしまいました。

ゴール手前100メートルぐらいしかまともに追えなかったということですが、急遽乗り替わった三浦騎手の騎乗は褒められるものではありませんでした。

その心は乗り替わったといっても過去に騎乗経験がありますから、何とかして欲しかったのが本音です。

とはいうものの、道中の走りのリズムや身体の使い方は上手になってきたということで進境が窺えました。

優先権を得られなかったので放牧を挟むことになりそうですが、上昇機運で次は巻き返して欲しい所です。

 

その他のロード所属馬も掲示板を確保する馬がいましたので健闘しました。

今週末も活躍を願っています。

団野騎手、重賞初制覇!

中京で行われた日経新春杯、伏兵のショウリュウイクゾが見事に勝利を収めました。

鞍上の団野大成騎手と共に初めての重賞制覇となる結末となりました。

 

格上挑戦でしたから恐らく胸を借りる立場だったと思いますが難なく先行集団につけるとあとは前の馬を交わすだけの展開となります。

手綱をとった若武者の鞭に馬も応えました。

堂々の勝ちっぷりだったと思います。

ゴールを過ぎた時の団野騎手のガッツポーズも印象的でした。

人馬共々、今年の飛躍が期待される所です。

重賞制覇おめでとうございました!!

 

2着に突っ込んだミスマンマミーア、道中最後方から追い込みました。

唯一の上がり34秒台の脚を駆使しましたが惜しくも届きませんでした。

松若騎手の追い込みの腕も冴えましたが、残念でした。

 

個人的にミスニューヨークとミスマンマミーアは追いかけている馬なのですが、今日激走するとは思っていなかったのが実情です。

松若騎手と手が合うのかも半信半疑でしたから馬券に絡めることができませんでした。

でもこの上がりを使えることが分かりましたから牝馬限定のグレードレースでは注目する必要が出てきました。

 

人気していたアドマイヤビルゴとヴェロックスにはガッカリですね。

特にヴェロックスは信頼を置きにくくなりました。

これが実力ではないはずですが・・・。

 

京成杯はまたしてもルメール騎乗馬が勝ちました。

ミルコデムーロもようやく2着と頑張りました。

両外国人のワンツーフィニッシュも久々でしょうか。

しかも今回は1番人気と2番人気という結果的には順当なものとなります。

 

そういえば勝ち馬を書くのを忘れていましたね。

ラティアス

ノーザンファーム生産馬です。

ノーザンとルメール騎手とのタッグですから今後も活躍しそうな感じです。

ちなみにグラティアスとはラテン語で感謝。

勉強になります。

 

それから中京9Rでは梅花賞が行われました。

DMMドリームクラブ(バヌーシーですね)が馬主のディープモンスターが人気に応えました。

武豊騎手とディープインパクトのコンビからクラシックを狙える馬の誕生となります。

私としては強力なライバルの出現という位置づけになります。

なので何とかして一泡吹かせてやりたい立場ですが、それ以前に私の愛馬でクラシックを狙えそうなのがいるのかな・・・。

 

ディープモンスターという名前もインパクトが強いですから、一度聞くと忘れられません。

馬名の通り怪物となるかどうか。

今後の路線にも目を配っておきましょう。

 

昨日、今日とTwitterのフォロワーさんの愛馬が続々と勝ちました。

自分のことのように嬉しいです。

私も早く2021年の初勝利を味わいたい!